趣 意

 

○目的趣旨

紀伊山地三霊場会議はユネスコ世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(2004年登録)の登録地である吉野大峯・熊野・高野山の三霊場が登録五周年を期に設立されました。その目的はそれぞれ登録施設に関わる宗教者の立場から、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全と発展に寄与するとともに、「第一の門番」としての役目を果たすことを目指しています。

 

*「紀伊山地の霊場と参詣道」とは2004年7月の第28回世界遺産委員会において決定された日本における第12番目の世界遺産で、21世紀最初の世界遺産登録となりました。その登録は、紀伊半島の自然に育まれ、そこに根付いた「霊場」や「参詣道」及びそれを取り囲む「文化的景観」が中心となっています。

紀伊山地は神話の時代より神々が宿る場所として崇拝されてきた山々ですが、新しく渡来した仏教の影響の下、宇宙や自然にひそむ神秘的な力を身につけるための山岳修行の舞台となり、修験道霊場の「吉野・大峯」、神仏習合霊場の「熊野三山」、真言密教霊場の「高野山」という三つの異なる霊場と、その霊場に至る参詣道が生まれ、日本における宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしました。

このような紀伊半島の自然とそこに根付いた「霊場」や「参詣道」、それを取り囲む「文化的景観」が中心となる遺産は、日本人の独特な宗教文化を象徴するものであるとともに、世界でも稀有の資産として価値の高いものとして登録されました。

なお「道」の世界遺産登録はフランスースペインにまたがる「サンチャゴ・コンポステーラの道」に続く世界で2例目の登録です。

「紀伊山地の霊場と参詣道」=3つの霊場と3つの参詣道
霊 場/吉野大峯…修験道の霊場
熊野三山…神道と修験道の霊場
高野山 …真言密教の霊場
参詣道/大峯修行道(大峯奥駈道)
熊野参詣道(熊野古道/大辺路・中辺路・小辺路・伊勢路) 
高野山町石道

→詳しくはウイキペディア

 

*「第一の門番」とはユネスコの世界遺産に関わるイコモス(国際記念物遺跡会議) が定めた『国際文化観光憲章』の中に唱われる文言で、custodianの訳語。世界遺  産の自然と文化を守っていく役目を担う人々のことを指す。